19 Mar

車の構造

プロペラシャフトについて書いていきます。大型や中型の車に多く見られるのFR 車です。 F はあるトは何でしょうか。それはフロントエンジン、リアドライブのことで、

エンジンが、車に乗ってる私たちの目の前のボンネット下にあってそこから発生する動力を発信し慣れているのがリヤタイヤという車の構造をいいます。小型車や軽自動車の場合はフロントタイヤで車を動かす FF フロントエンジン・フロントドライブが多いということができます。 FF や FR の場合は、エンジンとその動力を走りにつなげてるタイヤが近い位置関係にありますので、エンジン、トラスミッション、そしてデフォレンシャル、タイヤが1セットといった感じで1ヶ所に集まっています。ところが F1の場合はエンジン、トランスミッションまではいいのですけども、そこから先のディファレンシャルトリアタイヤは遥か彼方にあります。そこで、その間を結んでるのがプロペラシャフトということができます。愛車査定