19 Mar

軽い方が良い

車のプロペラシャフトですが、これは、車の前の部分と後ろの部分をつなげているのがプロペラシャフトということができます。

プロペラシャフトは1.5m くらいの長さがあって、太さは野球のバットくらいといえます。何しろ1トンから2トン近くもあるような車を動かすための回転力がかかるものですから。かなり調でなければなりません。このプロペラシャフトがもし壊れたとしたならば車は走ることができませんプロペラシャフトは中が空洞のパイプ状になっています。そしてこのパイプは非常に強いわけですが、車の走行中プロペラシャフトは数千回転で回り、タイヤが晴れれば振動しますし長い1わざと振動やねじれが大きくなって破損しやすいというますそこで途中にジョイントを付け2分割とか3分割としてシャフト部分を短くすることで強さを高めています。このプロペラシャフトも一度回転の球威がつくとその勢いが止まりにくいという特性があります。そのため、プロペラシャフトは、軽い方が良いということができます。中古車高価買取