21 Apr

気づけて嬉しかった人との出会いを大切にすること

最近あった私の嬉しかったこと。それは、当たり前のことを大切にしないといけないと気づけたことです。
私は今の会社に営業事務として入社して8年目になり、課長職に就いています。
職場の派遣さんのことについてお話させて頂きます。


この春、私の勤めている職場では新入社員が配属されることになりました。それに伴い派遣さんは契約が終了となることになりました。その派遣さんは2年間という期間にはなりますが、私がまだ新米課長だった時から仕事の悩みや人間関係の悩みのアドバイスをしてくださったり、また昼休憩時間には気さくにいろんな楽しい話をしてくれるムードメーカーのような頼れる人生の大先輩でもありました。
いよいよ今日が派遣さん最終出勤日というとき、最後に派遣さんが営業所のみんなにお話をしてくださいました。
「いつも私は最初にお話をしてくださった会社に行くようにしています。それは全てご縁だと思っていて最初のご縁を大切にしたいという考えからそうしているからです」とおっしゃれました。
私自身、日々多忙の仕事の中で周りで一緒に働く職場の人のご縁なんて考えたことはありませんでした。時に横柄な態度をとったりしていたかもしれません。今の自分があるのは周りの人たちのおかげであるのに。
当たり前のように一緒に過ごしてきた人との時間は当たり前ではなく、有限であること。だからこそ、一日一日を大切にし周囲の人には、想いを持って接しないといけないと改めて感じました。
このことに気づかせてくれた派遣さんとの出会いが私の一番の嬉しかったことです。
そして初心に返る原動力になっています。

 

毎日のように実践している筋トレについて!モリモリ筋肉に?