17 May

1949年にポルシェ社は・・・

ポルシェで有名なポルシェ社ですが、様々な苦難を経て今日の地位を築きました。1949年にポルシェ社は、第2世界大戦のときに取り上げられていた。

本社の土地の交渉を進めながら、敷地の向かいにあるところを間借りして、ついにドイツに戻ることになりました。そして工場が再開されたのを契機にしてポルシェ社は、ロイター車に3号6のボディの生産を依頼しました。そして、ポルシェ社でそれを行うという方法をとり、最大の問題であった生産性の低さを解消しました。この良いしてポルシェ社はロータリー車に500台分のボディを発注し、1950年にはドイツ製のポルシェ356の第1号が送り出されるということになりました。1949年6月にポルシェ社は VW 車と25年間にわたる重要な契約を取り交わすことになりました。その内容はといいますと①ポルシェは、 VW 車の技術コンサルタントとなり、、 VW ビートルを1台生産する事にロイヤルティーを受けてることができる。②ポルシェは自社のスポーツカーの生産のために必要なパーツの供給を VW 車から受けられるとともに、 VW 車のサービスも押しをすることができる。3ポルシェは VW 以外のメーカーのために、 VW と競合するモデルを作ってはならないというそういう内容でした。この契約はポルシェが356の生産を拡大していく上で非常に大きなメリットとなったのは違いありません。車買取 尼崎