19 Mar

自動車税

車を買う時には諸費用がかかるというのは常識ですが、どんな諸費用がかかるのでしょうか。

まず自動車税がかかります。毎年4月に自動車税は課税されます年度途中で車を買うときは月割りで残りを納めるということになります。次に、自動車取得税があります。これは購入するした時にのみかかる税金ということができます。簡易算出法では、車両本体価格の90%から1000円未満を切り捨てた額に5%をかけた額になります。軽自動車の場合には3%ということになります。そして次にかかるのは自動車重量税ということできます。これは購入時と車検ごとに課税されるものです。4番目に消費税があります。車両本体価格はもちろんのことですが、代行費用にも消費税は課税されます。5番目に自賠責保険があります。強制保険といわれるものですが、購入時と車検ごとに加入する必要があります。納車費用というものもあります。車を準備し、ユーザーまで届ける費用、手間賃といえます。代行費用というものもあります検査登録や車庫証明の書類作成代ということができます。自動車リサイクル料金も家事ます自動車を解体した際に残るエアバック等の処分費用です。こうしたものを含めて諸費用と呼んでいます車下取り査定