12 Jul

男性がバツイチでも再婚の希望が持てる今の結婚相談所における婚活市場

中年になっての離婚はやはりこたえるものがある。

40歳すぎの中年オナジの私にしてみたら、いくら若々しく気取ってもルックスにいささか自信があっても初婚の30歳くらいの男性に対抗できるはずもない。

結婚相談所は婚活サイトや婚活パーティーに比べていかに効率的に婚活できるのか?

婚活して再婚した中年オヤジの男性にとって、結婚相談所は最後の駆け込み寺ということは、いくつかの婚活パーティーに出席してわかった現実だった。

いくら安く婚活できるからと思って婚活サイトも考えたがネットで調べると、なかなか厳しいのではないかと次第に思えてくる。

そんな中、婚活の最後の駆け込み寺とも言われている結婚相談所婚活することを考えてみた。

婚活で結婚相談所を選ぶメリット

婚活パーティーや婚活サイトと比べると身分を証明することに手間はかかるが、それだけ身元をしっかり明かした状態で婚活相手を出会いがあるのでお互い安心できることはいいかもしれない。

これは男性に限ったことではなく、特に女性に対してかなりのメリットだと思う。

やはり、女性はそれだけ身分がハッキリした男性だと安心した状態で出会えるので、婚活サイトや婚活パーティーとかで会う男性と違って警戒心が少なくなるらしい。

やはり、男女の出会いというのは女性にとったら少し不安な部分もあるが、結婚相談所というちゃんとした会社が仲介役になってくれるだけでも違うのだろう。

私はバツイチということで離婚というハンディも背負っているのだから、結婚相談所でお見合いできる段階で私がバツイチだと言うことは相手がすでに理解してくれているのでこっちとしても気が楽だ。

婚活して再婚するなら結婚相談所が一番効率的な理由

バツイチの中年男性が結婚相談所に登録してわかったこと

現代となって男性にしても女性にしてもバツイチは珍しくないが、どれほど当たり前かというと、3分の1の結婚した夫婦は離婚してしまうと言われています

実は、この数値はかなり統計上で考えるとおかしいとの意見もありますが、年間の婚姻数と離婚数を単純比較すると確かに3:1になります。

それほど夫婦の離婚は一般化してきていますので、結婚相談所では初婚の女性もバツイチの男性はそれほど抵抗がなくなってきているようです。

しかし、離婚歴があってもまったく問題ないというわけではありません。

ポイントは2つあります。
「子供はいるのか?」
「離婚歴があると言ってもバツイチなのか?」

離婚歴がある男性でも子持ちかどうかは婚活大きな分かれ目

もちろん、子持ちであるかどうかは婚活中の女性にしたら一番気になるポイントでしょう。

多くの初婚の女性でも子供がいなバツイチ男性だと、ほぼ初婚の男性と一緒の感覚でお付き合いできるそうです。

シングルファーザーなのか、前妻が子供を引き取っているかで状況も変わってきますが、どっちにしても子持ちかどうかはあなたのこれからの婚活に大きく影響してきます。

離婚歴がある男性でもバツイチとバツニ以上はかなり違う

あと、いくらあなた自身の子供がいなくてもバツニ以上となるとみられ方が違います。

つまり、離婚歴が2回以上になると今度は男性本人の結婚に対する性格的な資質が見られるのです。