29 Sep

脂肪細胞の活性化による痩せる体づくり

ダイエットを成功させて体重を減らすことが、肥満体型を脱却するためには必要不可欠なことです。脂肪を燃やすには、脂肪細胞の作用がとても重要です。脂肪細胞は人間の体内では2種類存在しているといいます。白色脂肪細胞は脂肪の蓄積を、褐色脂肪細胞は脂肪の燃焼を担っています。褐色脂肪細胞には、熱を発生させて体を冷えから守る役割があります。

たくさん食べても太らないという人は、褐色脂肪細胞の機能が遺伝的に活発である可能性があります。褐色脂肪細胞が遺伝子異常によって活性を低下させると、基礎代謝が低くなり肥りやすくなります。赤ちゃんの頃が一番褐色脂肪細胞が多くて、40歳を過ぎると休息に少なくなってしまうといいます。年をとると急に痩せにくくなる原因は、褐色脂肪細胞が少なくなるからだといいます。もともと褐色脂肪細胞の数はとても少なくて、全脂肪細胞に対して1%程度しかありません。白色脂肪細胞は体じゅうにありますが、褐色脂肪細胞は肩甲骨や鎖骨の辺りにあります。褐色脂肪細胞を活性化させる方法としてシャワーによる温冷法が知られていますが、心臓に負担がかかるので注意深く行う必要があります。白色脂肪細胞にしろ、褐色脂肪細胞にしろ、人間の体には重要な役割を担います。肥満にならないためにはバランスの良い食生活で白色脂肪細胞に余分なエネルギーを溜めないことと適度な運動で褐色脂肪細胞の活性化を図ることが大切です。
http://www.ncsenban.net/